FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Japanese Teaching in Japan

It has been so busy at work,, I feel like I just let everything go these days..

Last Thursday, the Japanese class day, it happens at last,,
I totally forgot about the class and I left my city for business trip,
I've got a call at a hotel room, saying "where are you? your students are all here"
I've NEVER done this before and felt sooooo terrible,,

Now I'm teaching real beginner's course. There are 3 Chinese and 1 Thai.
Except for 1 Chinese boy, they are all my age, late 20's to early 30's,
and they are all with their japanese hasband.
I imagin that is so hard living in other country, hardly understanding no language,,
not to having any social relationship, no friends,,,
They are-people in my class- kind of in good situation,
because their hasband let them go to this kind of class and they meet some people, too.
But I'm sure there are so many people living in harder situation.
I found that I need to get to know which organization I can introduce for each problems,
I'm sure I can't figure all problems out all by my self
but it should be really important to share those infos among teachers.
Just because I'm Japanese, I can do many things here!


最近仕事が忙しく・・・なるようになれー・・・という感じで全てが過ぎ去っております。。

先週の木曜日。しでかしてしまいました・・・
日本語教室の日だというのに、、すっかり抜けていて出張に行っていたのです。。
ホテルの部屋で電話を受けた時には既に無断欠勤状態。。
「今、どこにおられますか??生徒さん待ってますけど・・・」という電話に顔面蒼白
こんなこと始めてでしたが、、申し訳ないやら情けないやら。。

現在担当しているのはゼロ初級の4名。中国から来た3名と、タイ人1名。
1名の中国人の男の子を除いては、カプリスとも同年代の20代後半~30代前半の女性3名です。
3名とも、日本人男性と結婚されています。
言葉もほとんど分からず、社会とのつながりもほとんどなく、友だちもおらず・・・
彼女たちは毎日すごく大変なのではないかと思います。
でも恐らく、私のクラスにいる3人はまだ恵まれているのかもしれません。
日本語教室に来ているし(多分、旦那さんの協力があってのこと)、
教室で知り合いもできるし
何か問題が生じた時に紹介できる機関を把握しておきたいなぁと今思っています。
日本での日本語教師をする場合ならではの「できること」かもしれません。
全てに関わって一緒に解決は、とうてい無理です。
紹介できるプロがどこにいるのかを知る方がいいかなぁと。
日本語教室の先生たちみんな把握するのも大切なことだと思います。
ただ日本人だからできること、結構あるものです
スポンサーサイト

theme : 日本語教育
genre : 学校・教育

To register as a Teacher

Teaching Australia
http://www.teachingaustralia.edu.au/ta/go/home/links/accreditation

You have to register when you work as a teacher in Australia,
This is a link of the place where you register in each states.
It seems like there're various conditions.
Especially, it seems like minimum request to have IELTS score overall 7.0.
Better have one before starting.


オーストラリアで教員になるには、各州の相当機関で教員登録をする必要があります
上記のリンクは、各州の情報を集めたTeaching Australiaというサイト。
教員登録には色々条件がありそうですが、気になったのは、ILETS最低7.0条件です。
留学前にどーーしてでも、取っておかなければ・・・。

theme : 日本語教育
genre : 学校・教育

Payment of Teaching in Australia

My Career> Salary >Education
http://content.mycareer.com.au/salary-centre/education/

I found an interesting site!
You can see how the salary's like depends occupations in Australia.
In educational field, it seems like little smaller salary in Australia compare with in Japan.
It's no point to compare though..


おもしろいサイトを見つけました
オーストラリアでの職業別給与のデータです。
教育の分野だと、日本の方が若干、所得が高い感じです。
ま、比べてもほんと仕方ないですけど

theme : 給与明細(給料明細)
genre : 就職・お仕事

Each Path for Each

I had a big Friday night with my friends from a volunteer group.
We first met 2003 when we were trainee for Japan Oversea Cooporation Volunteer,
We had sent each developing countries for 2 years
and in 2005, we all got back to Japan from everywhere
I have a lots of friends from that,
but today I will talk about my friends who registered as Japanese Teacher.

Miss Leaf,
She started to work as an assistant at a cityhall,
she stayed there for few months as I remember,
then, she moved to one little city where my hometown is,
because she got a part time position at a private highschool as a Japanese Teacher.
She had double works because it was not enough for her to live for 2 years,
but yesterday, she told me she finally got a full time position
which is really luckey for her according she told us.
There is only 1 position for full time at her school,
but the full time teacher decided leave because of her marrige this time.
She said it this way, but more of that, I really respect her way to do things
like, moved to new place for a part time position which she liked, but
she also had to work in a shop, in a factory for living.
besides she never knew if there are some chanse to be full time,
I know how much she liked teaching, but it is a Lot.
so I really feel she deserve all of this.

Miss Napoka
When she finished her contract as a volunteer,
she've already got a new contract at uni in Ireland.
She was always saying that she prefer studying to teaching.
So we were all happy that she got a ideal position!
After finishing the contract at Ireland,
She moved to England, and got a new position at uni.
She already had a master's degree when we met,
I don't really keep in touch with her
but I believe she is getting doctor's degree, too.
or maybe she might had finished it!

Mr SK from 8th Apr.
He has really interesting history about himself.
He worked in a publish company as a editor originally,
but he turned into teaching Japanese
as he was saying he was fasinated with Japanese!
He volunteered in uni for 3 years and
he changed his career to teaching Japanese as a fisrt language.
Then, he passed public full time position,
and he teaches Japanese in a high school now!

Miss Hung
Just as she told me in 2003,
She straight got into Graduate Uni after 2years volunteer.
She got Master's degree and started to work
as a part time Japanese teacher in a language school now.

Ms Maple
She was an assistant director for a long time,
but she had enough for woking.
and she decided to get a qualification for teaching Japanese
which she always wanted to try.
Then she joined the volunteer for 2 years.
After getting back to Japan,
She got married with a man from the volunteer group,
and now she's working as a office lady.

Miss Plov
Her boyfriend is in a project as an UN volunteer,so
She decided not to go back to Japan,
stayed with him there for 2 years again,
and now she moved to neighbor country
because she got a teaching position.
They are still together,
There is a border between them, but its not so far as a distanse!

Miss Kapriz
Soon after I finished volunteer work,
I flied to Melbourne, and started to work as a part time Japanese teacher,
I worked in a language school teaching adults at night,
and I also worked as a operator during the day.
1 year after, I back to Japan and get a current coordinating position.


We had different 2 years and now after another 2 years and more passed,
this is really interesting, but nobody doing same things!!!!
Anytime it is so nice getting together with them



金は、青年海外協力隊に一緒に参加した仲間とわいわいナイトでした
2003年に出会った私たちは、2年間それぞれの赴任国で活動をしました。
そこで出会った人はたくさんいますが、今回は日本語教師で協力隊に参加した人の話です。


 Miss Leaf さん
彼女は帰国後すぐに、地元の市役所で臨時職員として勤め始め、
たしかほんの数ヶ月で辞めました。その後、私の地元でもある田舎町に単身引越し、
そして私立高校の非常勤日本語教師をはじめました。
それだけでは食べていけないので、他の仕事と掛け持ちをしながら2年、
そして金曜日に、ついに常勤になれたー!と言っていました。
彼女が言うには、常勤は一人分の枠しかない上に、その人が寿退職とのことで
本当にラッキーぼた餅らしいですが、
いや~でも、単身田舎に引っ越してきて、お店や工場やなんかで働きながら
それでも辞めなかった彼女は、常勤に値しますっ
だって寿退社するだなんて、そんなの知らずに頑張ってたんですもん。

Miss Napokaさん
協力隊の任期が終わるとき、既に彼女はアイルランドの大学の
ポジションを獲得していました。
彼女は日ごろから教えるより、研究が好きだと言っていたので
私たちも彼女が理想とする道に進むとみんなで喜びました!
アイルランドの後も、イギリスの大学に移ったそうです
現在は疎遠になってしまっていますが、
協力隊に参加したときに既に修士を終了していたので
彼女なら今博士課程にでも進んでいるかも・・・
ひょっとしたらもう博士終了しているかもしれません

 SKさん (参考:4月8日の記事)
SKさんは面白い経歴の持ち主で、
元々は編集者という出版の畑の方です。
日本語の奥深さに魅せられて、日本語教師に転職したとか。
3年間の協力隊の後、今度は国語教師になりました
現在は、国語教員として高校で教鞭をとっています。

 Miss Hungさん
彼女は、予告通り、帰国後大学院に進学しました。
この3月に卒業して現在は、
日本の日本語学校で非常勤講師をはじめたところです

 Miss Mapleさん
長い間、テレビ局でADを勤めたという彼女は
激務にほとほと疲れ果て、
憧れだった日本語教師へと転職しました。
そして協力隊へと参加し、2年の後
帰国して協力隊で出会った旦那さまと結婚
現在は派遣で働いてます。

 Miss Plovさん
国連ボランティアとして活動中の彼と一緒にいる彼女は、
日本に帰らず、彼とそこにもう2年間残ることにしました
日本語教師の職を得て、現在は隣国に単身お引越し。
とは言っても別れたとかいうことではなく、
国境はあるけど、近くに住んでる二人です

 Miss Kapriz ~わたしの場合
協力隊後、渡豪。
メルボルンで非常勤ですが日本語教師を勤めました。
夜、大人に日本語を教え、
それだけではキツイので、昼間はオペレーターをしていました。
一年後に帰国。それから今の仕事をしています


同じ2年間で別々の経験をして、それからまた別の2年と少しが経ちました。
面白いのが、誰一人同じことをしていないってこと!
いつ集まっても、ほんっとよい仲間たちです

theme : 日本語教育
genre : 学校・教育

See You in JPN

I have a great news today!!! I didn't mind raining at all today!! Because I've been waiting this day for a long time,, but it has just come like this!
One of my friends ICO finally arrived in Japan! I've worked in one little Eastern Europe country for few years and I met him through my friend at the first time.
I have to tell you first about the country, I think I can say that it is not FULL developped country. The country rapidly developping now for every points of view now, so my information might be a little old, but 2 years ago when I was there, full time techer's monthly income was $100-120, part time worker at McDonald's was $1/h in capital city. So, rent with 1 bedroom apartment in nice location was $70-140, foods, beer, they were cheap.
ICO was a uni student when we first met. ICO took Japanese course as his minor language subject and my friend SK was his teacher. ICO and SK were living in tiny town far from city. As SK told me, ICO was a only student who changed his minor language after taking his demo lessons. SK had only few students and they came for classes twice a week. But soon after, ICO started study by himself, followed SK with lots of questions all the time. Internet was not so popular and ICO had only one copied textbook, SK was a only person in the city, but ICO didn't stop learning. Because of the economical problem, coming to Japan is really impossible for ICO, but he started to dream about studying in Japan since then, The way he could come to Japan was not easy at all, The only way was to get a seat for govermental scholarship. There were only few seats every year, and except for him, everybody majored in Japanese, furthermore, student has to pass the exams before graduation, So chanses he get the seat was really really low, and only SK and ICO belived he can do it. This is just a starting of this story.
Last year, I spent a holiday there and I met ICO again. It's hard to acctually say to friends there"see you in Japan next time""come and visit me in Japan" and so on, because I really know it just sounds like not real. but ICO, he was a only person I could say that at the time and he was really on his way at the time, I never forget his calm but strong eye. When I think of him, I always feel I can do more. Think about how things he done just telling me really, nothing is impossible.
This ICO, he finally arrived here in Japan and his university is just 1-2 hours drive from my city! Besides SK is living just 1hour far from ICO as well!!! We are so excited to hang around together again!

今日はすっごくすっごく良いことがありました~~ 雨降りだって何のその~♪
だってこの日が来るのをいつから待ってたんだろう・・・。でもはっと気付いたら、その日になってました

友人ICOが、とうとう日本に到着したのです。
ICOとは、東欧のある小国で仕事をしていた時に、友人を通じて出会いました。

そこは、先進国とは言えない、でも今急速に発展しているところで。
私の情報は2年前のものなので、既に変わってるかもしれませんが
当時で、学校の教員は1月1万円くらい、首都でマクドナルドの時給が70~100円でした。
なので、かなり立地条件の良い1LDKアパートが7千~1万5千円くらい、
そして食べ物もビールも破格の安さでした。

始めてICOと出会ったのは、彼が大学生の時。
彼は日本語を副専攻でとっていて、私の友人SKさんがそのコースを担当していたのです。
彼らが住んでいたのは、本当に小さいとある田舎町。
SKさんから聞くところによると、SKの模擬授業を見て副専攻を日本語に変更した唯一の生徒がICOだったらしく。
ICOのクラスは、学生もちらほらで、週に2度の選択授業。
そのうちICOはひとりでどんどん勉強をしはじめ、
SKさんにがんがん質問を持ってくるようになったみたいです。
インターネットも普及していなかったし、あったのはペランペランコピーの教科書一冊。
そして日本人SK一人という状況でも、ICOは勉強し続けました。
どこをどう考えてもICOの望む日本留学は難しそうなのに。。
強いて言うならばという感じですが、国費留学生として日本に留学するという道はありました。
ただ、かなりの狭き門の上、日本語を専攻しているライバルと肩を並べて戦わねばならないことになります。
更に、在学中に国費留学生試験には合格しなければならないというおまけ付き・・・。
可能性は限りなく低く、おそらくその時、いやできる!と信じていたのは
ICOとSKだけだったと思います。・・・という感じで話が始まるんですが。

去年、またそこで、ICOにも会いました。
そこではどの友人にも、「次は日本でね~」だとか「会いに来てよね~」
みたいなことは言えません。
なぜって、現実味が全然ないから。
でも、ICOにだけは「また日本でね」って自然に言えました。
去年、日本留学に向けてがんばっていたその時彼が見せた
すっごく穏やかだけど、強い眼差しが心に焼き付いています。
彼のことを思うと、わたし、まだまだ頑張れるはずだって思います。
彼がやってきたことを思い返すと、何だってできるって思う!

このICO、とうとう日本に来てしまいました
彼の大学は、なんと私の町から車で1-2時間という距離
SKさんも、電車で一時間の距離なのですー
SKさんと私は、ICOとみんなでまた遊べるね~と興奮しきりなわけです

theme : 日本語教育
genre : 学校・教育

07 | 2018/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE

MissKapriz

Author:MissKapriz
はじめまして!Kaprizです。
留学、日本語教育、オーストラリアに興味のある方と集える場が欲しくて、ブログをはじめちゃいました。日々に負けずに、ワイワイがんばりましょう♪英語の勉強に・・・、と拙い英語にも苦戦中。どうぞヨロシク。

VISITORS
CATEGORIES
CalendArchive
LATEST POSTS
TRACK AND PLAN
本日より前のTRACKと明日からのPLAN。さてさて、どうなることやら。適宜、UPしてます。目標だけは変わりませんが、過程の変更は臨機応変に見守ってください。。
【TRACK】
2008年3月 ブログ開始
2008年4月 初☆IELTS受験
    L6.5 R6.5 W5.0 S6.5
2008年7月 IELTS☆2回目
留学からすっかり遠ざかった一年。。
2009年10月 ILTES☆3回目
【PLAN】
2009年11月 IELTS☆3回目
2009年12月 IELTS☆4回目
2010年1月 出願準備完了
        志望動機書 等
2010年2月 インドネシア10か月間
2010年12月 帰国
2010年1月 語学学校
2011年2月 大学院入学
        →教員免許取得
        →就職(気合い)
        →卒業

日本語教師で食べていくゾ~!!
目標は、日本語教師+アルファ!!
BOOKMARK ME

検索エンジン最適化
LINKS
SEARCH THIS SITE
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。